読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にわか女ハロオタが初めてアンジュルムのコンサートに行った話

4/23にNHK大阪ホールで行われた アンジュルム コンサートツアー 2017春 〜変わるもの 変わらないもの〜 の夜公演に行ってきました!

 

アンジュルムは臥薪嘗胆のリリイベに1度行ったっきりでむちゃくちゃ楽しかったからたくさん現場に行きたいと思ったもののハロオタ友達いないし1人で行くのも寂しいな〜と思って今までコンサートが発表されても見て見ぬ振りを決めこんでました。

ももう日に日にアンジュルムが好きになっていくし、九位一体のBDを見て「在宅やってる場合じゃねえ!」ってなったし、バイトでお金が入ったので思い切って行ってみよう!ということでソロ参戦してきました。

 

ちなみにハロプロ全体でも今までリリイベやシリイベは行ったことあったんですけどコンサートには行ったことなかったのでハロプロコンサート童貞はアンジュルムに捧げました。

 

他アイドルのコンサートは何度か行ったことがあったのですが、さっきも言ったようにハロプロないしアンジュルムは初めてだったので開演するまでずーっとソワソワしながら椅子に座ってました(笑)

 

ソワソワ。ソワソワ。あ、会場内の時計の表示が消えた!おお!始まる!

と思いきやハロプロのCDの紹介か〜い!宣伝か〜い!みたいなね。「こんな宣伝初めて」みたいなね。りさまるごめんなさい。

 

まあそんなフェイント(?)もありましたがいよいよ始まりました。

 

最初に映像(?)が流れたときにツアータイトルの〜変わるもの 変わらないもの〜の意味がわかった気がしてゾクゾクしてるとメンバーが登場。

出てきたときのメンバーと演出がカッコ良すぎて静かに泣きました。なんかツーーって無意識に涙が流れてました(笑)

 

アンジュルムがかっこいいときってただ単純に「かっこいい」じゃなくてその中に「儚さ」が混在してるように思えるんですよね。

弱いオタクなので何がそうさせているのかハッキリとわからないんですけどね(笑)今までのスマイレージ/アンジュルムでメンバーが築き上げてきたドラマ性やストーリー性だと思います、多分。

 

そこから飛ばす飛ばす。メンバーもオタクもアドレナリン出まくりでした。

後半にさしかかるにつれ会場の一体感が強まってコールも大きくなっていって・・現場ならではの熱気に包まれました。幸せな空間。

 

パフォーマンス良し!セトリ良し!衣装良し!の三拍子。可愛さやカッコよさ、色気、美しさを存分に見せつけられました。

時間があっという間に過ぎて時間が進むという不変の法則ですら憎く感じました。

 

まだまだ発展途中なところは確かにいっぱいあるけどそれを含めて応援していきたいと思いました。

メンバーを信じられるから楽しくオタクができる。それってオタクをするにあたって凄く大事なことだと私は思うので、そう思わせてくれるアンジュルムのみんなが大好きで愛おしいです。

 

そしてコンサートに行ってアンジュルムは愛に溢れているグループだな、というのを肌で感じることができました。

それをどういったときに感じたかというと、今は休養中のあいあいに対するメンバーや演出・オタクから感じたり、トークだったり。

 

そうそう。アンジュルムってパフォーマンスだけじゃなくてトークもチョーーーーーいいんですよ!!!(モンペ)

 

アンジュルムは個性的で1人1人のキャラクターが濃いんですよね。というかアンジュルムに加入すると無条件でいい意味で狂い出すからそうなるのも当然というか(笑)

 

それでアンジュルムトークの何が素晴らしくて愛に溢れているかと言うと、こんだけ個性の塊なのにそれが喧嘩しないんですよ。中和するんです。

ちゃんと先輩が後輩を可愛がって受け入れて、逆に後輩は後輩を信頼していて、そういった関係性があるから成り立っているトークだと思いました。

 

アンジュルムというグループを実際に耳で目で心で感じて・・コンサートって素晴らしいです。

 

アンジュルムのコンサートに今まで行ったことないことを激しく後悔しました。だからちょっとでも気になってる人は是非行って実際に見て聞いて感じてください。(誰だよ)

 

それぐらい本当に本当に最高でした。安っぽい言葉かもしれないけど最高は最高!ファンタスティック!ブラボー!楽しかった!!!!!

 

アンジュルム最高!!!!!!!!!大好き!!!!!!!!!!!!

にわか女ハロオタが「九位一体」のBDを見た感想(今更)

ハロプロが大好きなみなさ〜ん!こーんにーちは〜!\こーんにーちは〜!/

知っている人は知っている小池美由スタイル。なんとなくやりたかった気分だっただけです。

 

突然すぎる話なんですけど、私は'13夏ぐらいからハロオタをしていたのですが、'15秋ぐらいからハロプロに飽きたというか冷めたというか・・うん。

熱が戻る'16秋ぐらいまでの一年間はさらっと情報知る程度でハロプロにもほぼ無関心で生活をしていました。新曲?また出たの?聞くの面倒くさいから後でいっか・・みたいな情弱っぷりでした。後回しにした結果聞かないことも多かったです。

 

そして特に理由はわからないんですけどアンジュルムのおかげでハロプロ熱が戻りました。新曲発売みたいなキッカケとか本当になかったんですけどね・・何故か(笑)

 

今までの時間を取り戻すかのようにYouTubeで動画を見まくりました。そして、ふいに気付いてしまったんです。ハロプロ関連のDVD・BDを今まで買ったことないな、と。

さゆ卒GMMLを買おうと思っていたのですが、発売当初は金欠中でいつか余裕できたときに買おうと決めていたのに今の今まで欲しかったことすら忘れていました。う~ん、バカ。

 

ライブが1番の魅力であるハロプロなのに映像系にお金を使わない自分はなんてクソオタクなんだ、そう思って何か買おうと思いました。使命感に近い何かがありました。

 

そして「スマアンジュでオススメのDVD(BD)ないですか」とツイートしたところ優しいフォロワーさんが「九位一体がオススメですよ」という内容のリプをくださって。

あ~めいめい卒業のやつね!とさすがの私でもそれぐらいはわかりました。(ギリギリ)

 

個人的にめいめい卒業あたりは"ハロプロとかまじでどうでもいい期"の全盛期でした。それに加えて大学が忙しくて、頭の中の6割は睡眠、2割食事、1.2割バイト行きたくねえ働きたくねえで、ハロプロはその他の0.8割に含まれていました。もはや考えてないも同然ですね(笑)

 

一応「めいめい卒業おめでとう」とツイートした記憶はあるんですけど、もちろんライブは参戦していないしスカパーにも入っていなかったので画面越しすら見れなくてで、そもまで気持ちのこもってない「おめでとう」でした。

 

そんな私が九位一体のBlu-rayを買いました。

 

 

まどろっこしいの嫌なんで簡潔に感想を言っちゃいます。

 

最高~~~~~~~~~!!!!!!!!!!!!!!!!!!(号泣)

 

安っぽい言葉なんだけどこれ以上に最適な言葉ってありますか。私にはちょっとわからないのでわかる方いたら教えてください。それぐらい九位一体を見たことないハロオタさん、というか人類。MOTTAINAI。思わずルー大柴ですよね~(?)

 

1月に見たのにその感想ブログが3月になってしまったり。初めて見たときの感想や、この記事を書くために見直して新たに出てきた感想を文字にしていったり。なんか全体的に適当な感じです。性格出るな~。

そんな感じで適当に書いていくので長いですが良かったら適当に見てください。 

 

 

0.PROLOGUE

メンバーが円陣組んだりリハしてる舞台の裏側的な映像。

もうこの時点で9人がキラキラしててなんか喜怒哀楽の怒以外の3つが混じったようなよくわからない気持ちになりました。

 

1. OPENING

ここからライブですね。私の語彙力では説明できない謎演出の映像から始まってそれが終わると9人が出てきて向かい合って円になるんですけどそこで「来るぞ・・」と期待をさせてくれるようなゾクゾク感がありました。

そして安定して衣装がかわいい。いつもこのクオリティでお願いします、ハロプロさん。

f:id:fusilecume:20170306133239j:plain

 

2.次々続々

ゾクゾク感はここに繋がってくるのか・・という感動。次々続々はカッコイイ曲なのでレーザーの演出が相まってGOOD!私はバカなんでレーザーとか大好きなんです。だからテンションブチ上がりました。

もうとにかくかっこよすぎる!みんなかっこいい・・かっこいいよ・・気付いたら泣いてました。さっきまでテンションMAXだったのに。情緒不安定か!!!!って。まさかまさか1曲目で泣くとは(笑)

めいめいラストシングルということもあり、歌詞が卒業するめいめい、そしてめいめいを送り出すメンバーとリンクしていて。そんな歌詞を力強く歌われたら・・オバさん号泣ルート確実だよ!!!!仕方ない!!!!!!!!

 

3.ドンデンガエシ

イントロ流れた時点で「アンジュルム、飛ばすね~」と思いました。まじで誰目線?って誰かツッコんでください。ツッコミ役募集してます。

そして2曲を通してちゃんとついてこれてるカミコ凄いなと。彼女のポテンシャルが想像以上だったので恐怖すら覚えました(笑)恐ろしい子、カミコ。韻踏めてるYEAH! Fu~~~~~!!

 

4.MC1

簡単な自己紹介とこの武道館に対する意気込み。

あやちょの自信しかない宣言にアンジュルムを誇りに思っているのが伝わってきて嬉しかったしワクワクが増しました。

そしてめいめいの世界中のどこよりも幸せな空間にする宣言だけで泣けるのに、そのあとのオタクの「めいめい~~~」の声援の大きさに草・・じゃなくて涙。オタク、泣かせるんじゃねえよ!!!!大好きだよ!!!!!!!!

 

5.糸島Distance

2度目の衣装チェンジ。白を基調としたセットアップみたいなやつの上から糸島Distanceの衣装をとってつけたみたいな。すみません、説明無理です。大人しく画像貼ります。

f:id:fusilecume:20170306133436j:plain

MC明けになんでこの曲!?とは正直思いました。てっきり明るい曲が来ると思っていたので。というか明るい曲が聞きたかったという個人的な気持ち。

音源だけ聞いた時はあんまりパッとしなかったんですけど、実際ライブだと独特な曲調&歌詞にストーリー性があるからか一瞬にして空気が変わるような世界観があるように感じました。

地球は今日も愛を育むと似てる!とかライブで映える曲なのかも!という新たな発見ができました。ヤッタネ!

 

6.カクゴして!

た!!!!!の!!!!!し!!!!!!!い!!!!!!!!!!

待ってました、明るい曲。やっと涙が止まるわ~と思ったんですけど甘かった。

9人の笑顔が眩しすぎて無理ゲー。特にめいめいの楽しそうにしてる顔とかブエエエエエってなる。大天使アンジュルムちゃんと違ってクソみたいな涙しか出せない。所詮オタク。

 

7.汗かいてカルナバル

そんな印象に残ってないかな。というのも次の曲が印象的すぎて。まあ一応感想言いますね。

かななんエロい!!!!!!!好き!!!!!!!!!!!

アンジュルムでエロさというか色気が出ている率がNo.1だと思うんですね。本人は出そうと思っていないですが結果として出てる。それが真の色気なんだと思います。かななん、好き。

 

8.マリオネット37℃

あいあいワールド全開。あいあい劇場の開幕です。

一曲前の汗かいてカナバナルはこのあいあい劇場のための前座なのかもしれないですね(笑)

個性派軍団アンジュルムの中でもあいあいにしか出せない個性がギラリと光るパフォーマンス。アンジュルムにあいあいは必要不可欠という当たり前のことを再認識しました。

だから今はゆっくり休んでね。待ってるからね!いつでも待ってるよ!

 

9.MC2

3度目の衣装チェンジ。この衣装好きなのにいい感じに全体が写ってる画像を見つけることができませんでした。持っている方がいればください。待ってます。

f:id:fusilecume:20170306133805j:plain

ハロプロリーダー矢島舞美さんのご登場です。

舞美さんから「最後なのにいつも通り楽屋がうるさい」という話があって、あ~これがアンジュルムだよな~っていう安心感と共に好きがまた積もりました。

 

10.新・日本のすすめ!

めいめい無双の曲きたーーーー!そしてやっとつんく曲きたーーーーー!

MCでシンミリした会場を一変させる歌い出しのめいめいの歌声。そして続くタケの歌声。そして続くオタクのコール。メンバーもオタクもボルテージ上がりまくり~。

明るい曲はやっぱりいいね!アイドルは笑顔が1番だもん!

 

11.夢見る 15歳

イントロ流れたときの私「うおおおおおどどおどおどおgfjsdhんlk;sf」

名曲はどのタイミングで披露しようが名曲です。

一曲前までは笑顔をふりまきキラキラしていた彼女たちですが、これで一気にギラギラモードに変わった感じがします。

 

12.ミステリーナイト!

ギラギラモードのまま加速は止まりません。

そもそもはスマイレージの曲なので6人でパフォーマンスする曲でしたが9人verもいいですね。華やか!

曲が始まる前の暗い全体の引きを見てこの衣装の良さが初めてわかりました。MC2開けからこの衣装なので気付くタイミングはいくつかあったはずですが、やっと気付きました。蛍光ピンクの上着?が暗い舞台に映えて存在感を放っているではないか・・・

 

13.プリーズ ミニスカ ポストウーマン!

ピピーーー!反則です!曲が始まったと同時にMV流すのは反則です!!!!そして向かい合って微笑み合うあやちょとめいめいも反則です!!!!!!

あやちょ+2期しか歌割りないな・・と思ってたら(それはそれで素敵だけど)、最後の"物語は続く"を3期のむろが歌っていて、そうだよね!アンジュルムはこれからも続いていくんだよね!ネバーエンディングストーリーだよね!って。

 

14.有頂天LOVE

PMPWに続きブリブリな可愛い曲が続きます。

ただひたすらメンバーが楽しそうにしていて画面越しの私も笑顔・・というよりニヤニヤ。キモオタがこんにちは。

なんだこの幸せな空間は。会場にいれなかったことが悔やまれる。クソぅ・・・。

 

15.VTR

メンバーがBBQしたりケーキ食べたりするホームビデオ感むっちゃ強いVTRです。

はい、幸せ~~~~~~~。

 

16.シューティング スター ~ 天真爛漫

4度目の衣装チェンジ。

めいめい+3.4期のメドレーです。2曲とも底抜けに明るい曲。

天真爛漫むっちゃ好きで2期オタの私はああこれ全員で歌ってほしかった・・と思っちゃいました。

でもお姉さんなめいめいと楽しそうにノビノビ歌う3.4期を見てアンジュルムの行く末は明るい!太陽ぐらい明るいよ!って確信できたので良し。

 

17.叙情組曲「スマイルファンタジー」

これはあやちょ+2期。さっきと打って変わってミュージカルのラストを飾る壮大な曲みが凄い。調べたら演劇女子部の劇中で使われたSMILE FANTASY!という曲でした。納得。

今回のセトリで唯一初めて聴いた曲のはずなのに号泣。というか何回見た今でも泣ける。

メンバーがそれぞれめいめいに語りかけるように歌っていて。めいめいはみんなに語りかけるように歌っていて。

儚げに笑うメンバー、歌詞、堂々としたパフォーマンス、堪えきれなくなって泣いちゃうタケ・・泣かないというのが無理。

最後にみんなでそっと中心のめいめいに寄り添うシーンが1番グッときました。スマイレージ時代から苦楽を共にしてきた5人の強い絆がハッキリとクッキリと見えました。

 

18.交差点

ここでやっと9人が揃ってステージに立つので衣装の画像を貼っておきます。2期がスマイレージ時代のめいめいのイメージカラーの紫の衣装着てるのズルい。泣くわ。

f:id:fusilecume:20170306134445j:plain

泣かないというのが無理な曲その2。前曲からこの流れはむっちゃ卑怯です。(最高の褒め言葉)

8人からめいめいに向けて贈る曲です。卒業する小6に向けて在校生代表として小5が歌うアレと立ち位置は一緒です。

2番の初めにあいあいが歌ってる途中にめいめいの顔見て泣いちゃうんですけど、その手をとって微笑むめいめいがお姉さんすぎて。3期が入ってくれてそのあとも4.5期と入ってきてくれたこと自体凄く良かったとは思っていたけど、後輩ができることによって2期もより成長することができて良かったな~としみじみ感じました。

8人が横一列になってそれに向かい合う形でめいめいが1人で立つシーンがあるんですけど、そのときのめいめいの聖母のような笑顔といったら・・泣く。とっくの前から泣いてるけど更に泣く。

そこらへんで限界だったのか、あいあいだけじゃなくて他のメンバーもみんな泣いたり必死で涙を堪えたりしていて、終盤はユニゾンめちゃくちゃだったりちゃんと歌えてなかったり曲として成り立ってないんですけど、そんなのどうだっていいんです。

スキルうんぬんより気持ちがこもっていることの大切さ。単なる仕事相手じゃなくて今まで一緒に頑張ってきた仲間であって、めいめいがメンバーに愛されていたから、ここまで気持ちが乗ってくるんだろうな。素敵な関係性です。そうのが見たくてドルオタをしているということに気付かされました。

 

19.恋ならとっくに始まってる

鬼でも号泣必須の超感動曲が2曲続いてどうなる・・と思っていると耳に入る「もう止めたりはできないよ」のセリフ。ここでこれ持ってくるのか!!!!カッコイイかよ!!!!!!!めいめいの揺らぎない決意がバーンって!!!!!!!!!もうとっくに始まってるのねええええええええええええ

そして、みんなの切り替えの早さ。さっきまであんなシンミリしてたじゃない!なんでこんなカッコイイの?!?!?

この曲をここに持ってきたのは正解ですかね。ずっとシンミリを引きずるのはアンジュルムらしくない気がしますし、さっきいっぱい泣いたからここからまた飛ばすぞ!最高の卒コンにするぞ!みたいな決意がライブの序盤より強く感じられる目つきに変わった気がします。

 

20.MC3

2期オンリーのMCで、お題は"今までで印象的なめいめいとの思い出"。

同期が1人卒業するというわけでさぞ感動的な話が聞けると思いきや・・なんだよ、このくだらない話(笑)

そんな2期が大好きです。アメリカ、フォーエバー!!!!!!!!

 

21.私、ちょいとカワイイ裏番長

5度目の衣装チェンジ。Buono!みがある衣装。裾がヒラヒラしてるので腕が動くたび可愛いです。

f:id:fusilecume:20170306153526j:plain

2期の「莉佳子、カモーン!」の声で始まったイントロ。2期以外のメンバーが登場です。

いつもの煽りが終わって2期が揃って曲に入る前のめいめいの「日本武道館のみんなついてこーい!!!!!」まじでカッコイイ。めいめいより1つ年上なんですけど「ついてきます、姉御っ!」ってなる。舎弟で全然いいです。全力で焼きそばパンとか買ってきます。

ラストスパートかけてきました、後半戦!やっと後半戦というか、もう後半戦というか。今の時点でも充実度が高すぎてもう何がなんだかわかりません。

後半戦の始まりに相応しい会場が一体になれるいい選曲です。

 

22.乙女の逆襲

さっきまでちょいカワな裏番長だった彼女たちが急にラスボスになりました(小並感)

終盤のめいめいのフェイク本当に好き。さすがとしかいいようがない。一曲前から着実にめいめいの舎弟になりたい気持ちが強くなっていきます。

 

23.七転び八起き

ただの文句になってしまうんですけどダンスメン可哀想すぎない?!?!私がりなぷ推しだから思ってしまうのかもしれませんが、歌ってるメンバーが頑張っているのはもちろんわかってます。でも同じく難しいダンスを頑張って踊ってるのにあんまり抜かれていないのは不憫・・。やっぱり歌ってるメンバーのアップが優先。なんか悲しくなってしまいます。

あのダイナミックなダンスむっちゃ好きですけど、その悲しさがあって歌唱メンとダンスメンわける必要性・・ってなっちゃうんですよね。歌唱メン3人ダンスメン6人みたいな形だとまだわからないでもないんですけど。

むろとかそもそもは歌唱メンでカッコイイ歌声を聴かせてくれていたのでまた聴きたいなとか思うし、りなぷの短いフレーズでシレッと持っていく感じとか想像しただけで聴きたいし、莉佳子のハスキーボイスだっていい感じに面白く組み合わさるのかも・・とか。

以前から抱いていた曲への体制の不満とカメラ割の不満はありますがパフォーマンスは安定してカッコイイです!

 

24.臥薪嘗胆

アンジュルムの初めて行った現場が臥薪嘗胆のリリイベだったり、リリースされたときに受験生真っ只中で(たいした勉強してないんですけど)個人的に受験激励ソングみたいな立ち位置だったりしたので色々思い出しました。

めいめいもこんな風に歌いながら踊りながら今までのアイドルとして活動してきた日々を思い出したりしてるのかな。(てめえと一緒にするな) それとも必死にパフォーマンスしていて思い出す暇はないのかな。

間奏の見せ場あるじゃないですか。あいあいとかななんが仲よさげにダンスしてるとことか、りなぷの謎のダンスとか・・なんでそんな引きなの!!!?!誰が何してんのかわかんない(笑)

そこはまだ許すけどめいめいが先陣を切って前に出てくるところはちゃんと正面から抜いてほしかったよ・・むっちゃ引きだわ何故か後ろからのショットあるわ意味がわからなさすぎて酷すぎて笑える。笑えないけど。

 

25.出過ぎた杭は打たれない

アンジュルム曲が続きます。一種のアンジュルムモリーみたいなところあります。適当言いました。ないです。

ここまで何曲も歌って踊っているのにこのクソ早いテンポの曲をパフォーマンスをしてのけるパワーはどっから出てきてるんだろう。

 

26.大器晩成

そろそろこの曲が来ると思っていました、大器晩成。

もうとっくに限界だろうに必死に振り絞ってパフォーマンスをしている9人を見て明るい曲なのに泣きたくなりました。恋ならで涙は枯れ果てたと思いましたがそうでもなかったみたいです。泣きました。

 

27.スキちゃん

待ってました!スキちゃん!アンコールでくるかなと思っていましたがここで来ました。ラストナンバーです。

幸せはここ(アンジュルム)にありました。確かに存在しました。

見ている最中の多幸感といったら・・もう・・。所詮チョロいオタクなので大好きな子たちが楽しそうにしている姿。笑い合ってる姿。それだけで私は幸せになれるんです。

「今日は本当にありがとうございました」というあやちょの一声でみんなが舞台からはけるとすぐにめいめいコールが。

 

28.自転車チリリン

鳴り止まないめいめいコール。サイリウムで一面紫色に埋め尽くされた会場にオレンジ色の衣装を着ためいめいが。

f:id:fusilecume:20170306193222j:plain

めいめいがソロで歌うのに選んだ曲は自転車チリリン。たった数分の曲ですが表情をコロコロ変えていて、それに衣装も相まってジブリの主人公みたいでした。

絶対なんてありませんが「めいめいなら絶対ミュージカル女優になれる」と思いました。実際そうなりましたね。本当に嬉しい。

こんな凄い子がハロプロに入ってきてくれたんだな~とひしひし感じていると、いつの間にいたんだよ、メンバー!!!!

めいめいが歌ってる間にいつの間にやら8人が後ろにあるベンチを囲んでいるではないか。ベンチの真ん中は空いていて、それはもちろんめいめいの分のスペース。ベンチでめいめいの後ろ姿を見ながら、応援するかのように口パクで一緒に歌っていて・・なんて尊いんだ!!!!!!!!

最後の自転車チリリンという歌詞を歌いあげメンバーのいる後ろを振り返ったときのめいめいの笑顔。メンバーももちろん笑顔で。8人がめいめいおいでとばかりに手招きしたり手を振ったり・・なんだこの幸せな空間。本当に心が温まります。いくら探してもこれよりも心が温まるホームドラマとかないですからね?!?!(超個人論)

 

29.田村芽実 卒業セレモニー 

めいめいの手紙読み上げです。

とにかく素敵な言葉でいっぱいに溢れていました。

 

30.旅立ちの春が来た

8人での歌い出し。1番のAメロが始まろうとしたときにみんなと同じ衣装に着替えためいめいが出てきます。

f:id:fusilecume:20170306202652j:plain

本当にめいめいは旅立っていくんだな~。このBDを初めに見たのが'17の1月なのでもうめいめいはとっくに卒業しているんですけど、なんかここで初めて実感が湧きました。

終わってほしくない!けど永遠なんてないし現実ではもうめいめいは卒業しているという当たり前のことを考えながらただただ儚さを感じていました。

なんでこんなに儚いんだろう・・ってそりゃ「田村芽実」という1人のアイドルの物語が終わろうとしているわけですし当然ですよね。

めいめいもそうだしどのアイドルにも1人1人に物語があって、月日が流れるたびにページは増えていって。

もちろん「アイドル田村芽実」の物語も色褪せずに残り続けることだと思います。でも同時にアンジュルムでいたから、スマイレージでいたから、めいめいの良いところなどメンバーに残していったものも引っくるめてまたグループは進化していける。

めいめいの作り上げてきたページは田村芽実と同時にスマイレージアンジュルムという物語のページでもあって、それはずっと紡がれていくんだと思います。上手く言えないのがもどかしいけど、だいたいのニュアンスだけでも伝わればいいな(笑)

 

31.MC4

メンバー1人ずつの感想です。

とても感動的なんですけど、要所要所でアンジュルムらしさが出てきて感動だけじゃなくほっこりもしました。

 

32.友よ

本当の本当のラストナンバー。

歌詞がストレートで曲調がロックで明るくて最後にピッタリな曲。本当に良い曲!

これならメンバーもオタクも悲しいとかじゃなくて頑張っての前向きな気持ちでめいめいを送り出せますね。

グループ名の由来は"天使のような優しい心でいろんな涙を一緒に流していこう"というものですが、彼女たちに1番似合うのはやっぱり笑顔。そもそも笑顔でのパフォーマンスこそがアイドルの真骨頂ですしね。

だからアンジュルムらしく笑顔のままラストナンバーを歌いきることができてとってもとっても良かったと思います。

私は泣きながらも顔は笑っていてなんか清々しい気持ちで見ていました。音源だけでも好きでしたが交差点と同じで気持ちが乗った歌っていうのは本当に最高です!!!!!!

 

33.ENDING

めいめいコールでめいめいが1人で最後のメッセージ。私もめいめいが好きだ~~~~~~!!!!!!!!!!!!!!

そしてライブが終わった後の舞台裏の映像とおそらくこの武道館の練習風景の映像。これを見るとアンジュルムが何故あんなに多幸感にあふれているのかが手に取るようにわかります。

 

 

 

以上でセトリに沿った感想は終わりです。ここまで見てくれる人いるのかな(笑)

でもまだちょっと書きます。以下からは全体を通しての感想を少し。

 

 

むっちゃ泣きました。怖いぐらい泣きました。楽しくて涙出るし、カッコよくて涙出るし、メンバー泣いてたらそりゃ涙出るし・・

カッコよくて泣くっていうのが個人的に初めてで・・なんでしょうね、コレ(笑)

とにかく自分がただの涙腺崩壊アンジュオタババアだってことに気付かされました。

 

そしてセトリが良かったです。ちゃんと盛り上がるところは盛り上がるし、しっとり聴かせてくれる曲を入れるタイミングが絶妙。カッコよさや可愛さもこれでもか!ってぐらいに魅せつけてくれるし、全体的にメリハリがあったように感じました。

ただ欲を言えばもうちょっとスマ曲聴きたかったです。やっぱりめいめいは2期でスマイレージとして過ごした時間のほうが多いわけですし。私自身もつんく曲が大好きなので。どれだけ妥協してもぁまのじゃくがなかったのはショック・・!

でも全体的に評価できると思います。特に泣き系の曲を中盤に持ってきたのグッド&ゴッド。最後、多幸感に包まれたまま終幕したのは本当に良かったです。

 

あとはYouTubeとかに曲ごとの動画がたくさんありますけど、ちゃんと1つのライブとして通して見ることによって、初めて知る曲があったり、音源だとパッとしなかった曲の良さに気付けたり、好きな動画ばっか見がちだったりするので、新しく発見できたことがたくさんありました。またMCもメンバーの個性が出ていたりちょっと素っぽい部分が見えたり。楽しみ方が増えました。

そしてライブというのは全部を通してこそ1つのエンターテイメントとして成り立っているんだな、と思いました。

 

そして最後にどうしても言いたいことがあるので言わせてください。

アンジュルム最高!!!!!!大好き!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

「九位一体」こういう楽しみ方もあるよ!や実際ライブで見た時はここが良かったよ!等あれば是非教えてください。ツイッターでリプ飛ばしてください(笑)

97年生まれのにわか女ハロオタが「I WISH」について話したいだけの記事

 

モーニング娘。のI WISHという曲をご存知ですか?

 

youtu.be

 

この曲はいわゆる「黄金期」と呼ばれる全盛期真っ只中の2000年にリリースされたモーニング娘。の10枚目のシングル。

  

ちなみにこの当時の私3歳!写真でお気に入りのポーズがゲッツだった3歳!まだゲッツは存在しなかったため完全に先取りしていたイカした3歳!ヒューヒュー!!

  

そんなテンションがウザくなってきた私の幼少期によくしていたポーズなんてどうでもいいにも程があるので話を戻しましょう。はい。

 

ハッピーサマーウェディング恋愛レボリューション21という盛り上がろうぜ!騒ごうぜ!踊ろうぜ!サタデナイッ!(違う)

 

youtu.be

 

みたいな相当濃ゆいの~で~す~♪な2曲の間に出されたこともあり、I WISHの知名度はその2曲やミリオンを達成したLOVEマシーンなどと比較するととてもですが高いとは言えないと思います。

 

実際私はモーニング娘。を好きになる前はI WISHを知らなかったです。

 

そんな私ですが今ではこの曲が大好きです。

 

雨がだんだん引いてきて晴れ間が少しずつ見えてきて虹が出そうな感じの曲調に、遅すぎず早すぎず・・でも気持ちゆっくりめなテンポが心地良くって。ミディアムテンポって言うらしいです(wikiで調べました)

 

音楽的な知識が全くないが故に曲の説明ができないのが本当に情けないのですが、聴いたら私の言いたいことが汲み取れると思うのでとりあえず聴いてください!!!!!!!!!!!!(丸投げ)

 

しかし何回も繰り返して聴くような中毒性は個人的になく、シャッフルで流れてきたら「おっ!?」とちょっと嬉しくなって聴き終わる頃には幸せになれる素朴な曲だと私は思います。

 

そんな曲のサビで繰り返されるフレーズがあります。

 

「人生ってすばらしい」

 

当たり前ですが聴き手の数だけその人の人生というものがあるはず。そしてそれが素晴らしいのか素晴らしくないのか。そんなことはこの曲を聴くにあたってどうでもいいこと。

 

曲名もI WISHということで「もしそうならいいな~」ぐらいの「明日いいことあるといいな~」ぐらいのツイートするような軽い気持ちで人生ってすばらしい言ってるのかもしれない。しかしこれもどうでもいいこと。

 

私が、あなたが、はたまた赤の他人が、どんな人生を歩んでいようともこの曲を聴いている5分にも満たない時間だけは「人生は素晴らしい」そう思えます。モーニング娘。がそう思わせてくれます。

  

__アイドルってこういう存在じゃなくっちゃね。

  

真実であろうが嘘であろうがそう"思わせてくれる" これができるアイドルこそが真のアイドルなのではないだろうか。

 

アーティストとはまた違ったアイドルができること。アイドルだから届けることができる想い。

 

私にとってI WISHとは聴くたびにアイドルの本質が再確認できる。そんな曲です。